エスペラント学力検定試験: Ekzameno

 大会より前のエス検の実施予定日は🌐日本エスペラント協会のサイトをご確認ください

試験日時

エスペラント学力検定試験 略してエス検
試験日
開始時間 午前 9:30
試験会場 埼玉会館 (埼玉県 さいたま市)
筆記試験の後、会話試験です。
エスペラント学力検定試験

エスペラント学力検定試験とは?

 エスペラント学力検定試験(Kvalifikaj Ekzamenoj de Esperanto laŭ JEI クヴァリフィーカィ エクザメーノィ デ エスペラント ラゥ ヨーエーイー )は日本エスペラント協会が実施する試験です。日本のエスペランチストが学力の進み具合を測れるように筆記、会話の試験が行われます。合格者には合格証を授与します。

 エスペラントの試験制度は1939年に「初等, 高等」の2段階の制度で始まりました。その後1974年に「初等, 中等, 高等」の3段階と変わり、1987年に4段階へ、そして1996年に改訂され現在の制度となりました。

試験内容・試験時間

4級
La 4-a grado
初級講習を終えた程度の読み書きができて、自己紹介を一問一答式でできるレベル。
内容 一般問題/文法問題/エスペラント作文
時間 筆記:60分, 会話5分以内
受験料 1,000円
3級
La 3-a grado
エスペラントについて易しい文の読み書きができて、自己紹介を自発的にできるレベル。
内容 一般問題/文法問題/エスペラント作文
時間 筆記:60分, 会話5分以内
受験料 2,000円
2級
La 2-a grado
エスペラントを普通に使いこなせると同時に、文法について人に説明できるレベル。 初等講習の講師にふさわしい級です。
内容 一般問題/文法問題/小論文(日本語書き)
時間 筆記:90分, 会話10分以内
受験料 3,000円
1級
La 1-a grado
複雑な内容や言い回しを含めて、エスペラントを自由に使いこなせるレベル。
内容 一般問題/文法問題/小論文(エスペラント書き)
時間 筆記:90分, 会話10分以内
受験料 5,000円
画像引用sukerasparo

合格・不合格

  • 合格は各級とも、筆記と会話の各科目60点以上が条件です。
  • 合格・不合格の受験者への通知は、通例、試験後1か月の間に行います。

さらに詳しくは

試験を受けるコバトン

 例題などさらにエス検について知りたい場合は🌐日本エスペラント協会サイトのエスペラント学力検定をご覧ください。

 会話科目は試験官と受験者の1対1のエスペラント会話を行います。対策にはエスペラントの会話・音に慣れていると有利です。🌐全国各地の学習会・例会で実際に会話を楽しめます。